スポンサードリンク

ヴァンパイア検事【2016年5月14日スタート】毎週土曜更新

ヴァンパイア検事
すべては血が解決する!被害者の血を吸うと殺害当時の最後の状況と被疑動線が見えるという能力を持つヴァンパイア検事が、手がかりさえも見つけられない犯罪の解決に乗り出す!

ヴァンパイア検事は回を重ねるごとに視聴率がぐんぐんと上がり韓国ケーブルドラマ史上初の4%を突破、韓国テレビ界の歴史を新しく塗り替えました(2011年)。
男女25~49歳の視聴層からの圧倒的な支持を受け、特に20代の女性視聴層でシェア30%を超え、7話からは放送時間を拡大、中毒者続出の謎解きサイコ・サスペンスです。

◆【GYAO!】で視聴する ⇒ ヴァンパイア検事(毎週土曜日に2話ずつ更新されるパターンです。)

【ストーリー】
保育園で実の兄妹のように育った妹のために検事になることを決心したテヨンは、7年前の司法試験の受験日に妹が首に二つの牙の痕を残して全身の血を抜きとられ殺害されるという悲劇に見舞われる。犯人の後をしつこく追跡したテヨンは不慮の事故に巻き込まれ、ヴァンパイアとして生まれ変わったのちに、ソウル地検の検警合同特捜部でヴァンパイア検事として新しい人生を送り始める。ヴァンパイアになったテヨンには、被害者の血を吸うと被害者の立場から殺害直前の状況が見えるというサイコメトリー能力と、血痕だけで殺人現場の動線がわかるという特別な能力が生まれる。
更に科学的な思考を持つ新人熱血女性検事ジョンイン、20年間の経験から第六感で捜査をするファン刑事、正式な検事になりたいと思っている証拠分析インターン要員のドンマン、セクシーな姿でテヨンを誘惑しながら事件の糸口を解いて行く解剖検査のソ博士らと共に、一般人が絶対に解決できない事件をひも解いて行く。
ある日、再び謎の連続殺人が発生しテヨンは犯人が7年前の妹の事件と関連があるという事実を知り、犯人との宿命的な対決を予感するが…。

【放送年/放送局/放送回数】
2011年 OCN 全12話

【脚本】ハン・ジョンフン、ヤン・ジナ【演出】キム・ビョンス

【キャスト】
ヨン・ジョンフン・・・ミン・テヨン役(ソウル地検の検警合同特捜部で活躍するヴァンパイア検事)
イ・ヨンア・・・ユ・ジョンイン役(組織暴力団の父の存在がコンプレックスの、検警合同特捜部 新人女性検事)
イ・ウォンジョン・・・ファン・スンボム役(麻浦(マポ)署強力班出身で検警合同特捜部に辞令をされたちょっとドジな刑事)
チャン・ヒョンソン・・・チャン・チョロ役(検警合同特捜部を導く部長検事)


 にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト