スポンサードリンク

優しくない女たち【2018年5月23日スタート】毎週水曜更新

スポンサードサイト

優しくない女たち
現代を生きる3世代の女性たちの幸せ探し!人生、恋に悩む女性たちのハートフルストーリー!ベテラン女優キム・ヘジャ、チェ・シラ、「太陽の女」のイ・ハナ、「笑ってトンヘ」ト・ジウォン主演!様々な年代の女性達の人生を通じて‘人生とは何か?’を問う物語です。

◆【GYAO!】で視聴する ⇒ 優しくない女たち(毎週水曜に2話ずつ配信されるパターンです。)

【放送年/放送局/放送回数】
2015年 KBS 全24話

【あらすじ】 
春の新学期のキャンパス。新米講師マリ(イ・ハナ)は、減ってしまった人文学部教養講座の学生たちを死守するために、数百人の学生たちを呼びジャージャー麺パーティーを開く。その様子をイ・ドゥジン(キム・ジソク)記者に取材されてテレビに出たと思ったら、違法な講座だと誤解されてしまい閉講させられてしまう。一方、ヒョンスク(チェ・シラ)はスノク(キム・ヘジャ)がずっと貯めてきたお金を投資に使い失敗してしまい、人生の荒波がやってくる。

【脚本】キム・イニョン 【演出】ユ・ヒョンギ、ハ・サンウ

【キャスト】
▶カン・スノク役:キム・ヘジャ・・・別名、安国(アングク)洞(ドン)のカン先生として、口コミで話題となった料理教室の先生。美しい容姿とテンポの良い話し方、正直で毒舌な性格。料理を習いに来た財閥の奥様方にも厳しい事を言い、人気が高まった。親が決めたお見合いでお金持ちの一人息子と結婚し、二人の娘を授かった。夫を愛していたが、彼の浮気によりずっと孤独を感じながら生きてきた。長女ヒョンジョンは優等生でアナウンサーになり、問題児だった次女のヒョンスクは良い夫に出会い、孫娘を博士に育てた。心の傷はまだ残ってはいるが、平和が訪れたと思っていた。
▶キム・ヒョンスク役:チェ・シラ・・・正直者で嘘をつくのが苦手。思っている事がそのまま顔に出てしまい、よく笑いよく泣く純真な女性。化粧やファッション、ヘアスタイルにこだわるが、それは劣等感からくるものだ。優等生の姉といつも比べられ、‘あなたが男の子だったら息子は外に出歩いたりしなかった’と祖母に言われ続けながら育った。美人だが自分の魅力に気づかないまま大人になった。娘には自分とは違う人生を歩ませたいと思い名門大学に入学させ、最年少の博士になり代理満足を感じるが、それでもなんだか虚しい。
▶チョン・マリ役:イ・ハナ・・・品行方正な優等生として育った。名門大、大学院、国文科博士課程まで一度も失敗することなく生きてきた。今の道が自分が望んで進んだ道なのか、母に言われて進んだ道なのかわからない。頭はいいが少し抜けているところがあり、無駄なところで勝負欲が強い性格。道をはずれることもなく‘自分の中のもう一人の自分’を知らないまま生きてきた。自分は若い頃の叔母に似ていると言われるけど、叔母は今、あまり幸せそうには見えない。 順風満帆だった彼女だが、事件に巻き込まれ一瞬にしてどん底に落ち、アルバイトを転々としながら遅れてきた思春期を迎える。‘自分は誰なのか。そしてここはどこなのか’人生に初めて目覚める。
▶イ・ルオ役:ソン・ジェリム・・・体育大学出身の剣道の師範。剣道5段。 女性に興味がなく、気難しい性格。いつも兄と自分を比べ、なんでも強要してくる母親を嫌っている。高校生の時から家出を繰り返し、母親が反対した体育大学に進学した。
▶イ・ドゥジン役:キム・ジソク・・・オムチナ(何でもできる完璧な息子)として奥様から人気のイケメンアナウンサーで、最近プロデューサーに転職した。幼い頃に生みの母と死別した。ぼんやりとだが覚えている母との思い出が支えとなり、耐えられたと思っている。その後、不自由なく育ったが、愛が足りず愛を求めている。愛する人に出会って救われたいと思っている。
▶キム・ヒョンジョン役:ト・ジウォン・・・放送局のアナウンサー。成功したキャリアウーマンのイメージで知られており、女子大生たちの憧れの存在。表向きは自信があり、思いやりのある優雅な女性に見えるが、実際は神経質で執念深く、やられたらやり返す性格。自分にも他人にも厳しい。虎視眈眈と自分のポジションを狙っている若い後輩達から大きなストレスを感じていて、彼女たちを嫌っている。プライベートでは悪口をよく言い、最近何だか不安定な気分だ。そして最終的には自分のポジションを逃してしまう。


■韓国ドラマの情報はこちらからも
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト