スポンサードリンク

根の深い木【2017年11月14日スタート】毎週火曜日更新

根の深い木
朝鮮王朝最高の天才君主・世宗大王-。彼が尽力した文字創製の裏には、壮絶なドラマがあった!
ハングルに隠された秘密のコードが、今明かされる…。韓流史劇最高傑作との呼び声高い、新感覚歴史ミステリー!

◆【GYAO!】で視聴する ⇒ 根の深い木(毎週火曜日に2話ずつ配信されるパターンです。)

【放送年/放送局/放送回数】
2011年 SBS 全24話

【あらすじ】
1418年、譲位により朝鮮王朝4代王として世宗(セジョン)イ・ドが即位する。しかし、軍権を中心に実権は前王である太宗(テジョン)イ・バンウォンが握っていた。王権強化のため、有力な臣下をことごとく粛清してきたイ・バンウォンは、イ・ドの義父であるシム・オンとその一家を反逆罪で処刑する。シム家の使用人の息子のトルボクは幼なじみのタムと逃げ出すが、途中で離ればなれになってしまう。
月日は流れ、1446年。イ・ドが父を殺した張本人と思い込んでいたトルボクは、カン・チェユンと名を変えて、イ・ドへの復しゅうを胸に武官として宮中に勤務する。そのころ、宮中では、イ・ドの文字創製事業に関わる人物が次々に殺害される事件が起きていた。イ・ドから直々に事件捜査を任されたカン・チェユンは、その過程で王権をけん制する秘密組織“密本(ミルボン)”との闘争に巻き込まれる一方、文字創製事業の中核を担う女官で、幼いころの記憶により口がきけないというソイが、タムであることに気付く。

【脚本】キム・ヨンヒョン、パク・サンヨン 【演出】チャン・テユ、シン・ギョンス

【キャスト】
▶世宗イ・ド役:ハン・ソッキュ・・・朝鮮王朝4代王。父王・太宗(テジョン)による血の粛清を目の当たりにして心に深い傷を負い、父とは異なる王の姿を目指す。民を愛し、民の言葉を愛し、身分の低い者にも対等に接することを望む慈愛深い王。民のために新たな文字を作ろうと極秘計画を立ち上げるが、それを阻止しようとする勢力によって側近が次々と暗殺される。
▶青年時代のイ・ド役:ソン・ジュンギ ・・・
▶カン・チェユン役:チャン・ヒョク ・・・元の名はトルボクといい、世宗(セジョン)の義父であるシム・オンの家の奴婢。父が無念の死を遂げ、その元凶が国王であると思い込む。北方で武官として身を立て、師匠イ・バンジから武芸を伝授される。カン・チェユンと名を変え、国王イ・ドへの復讐心を胸に兼司僕(キョムサボク)として王宮に入るが、イ・ドから連続殺人事件の捜査を任される。
▶ソイ役:シン・セギョン ・・・元の名はタム。シム・オンの家の奴婢の娘で、トルボクの幼なじみ。シム家が反逆事件に巻き込まれた際に、世宗(セジョン)の王妃・昭憲(ソホン)王后にかくまわれるが、その時の衝撃で口がきけなくなってしまう。ソイと名を変えて広平大君(クァンピョンデグン)付きの女官になり、イ・ドの文字創製事業の中核人物となる。一度目にしたものは何でも記憶できる能力を持つ。
▶チョン・ギジュン(カリオン)役:ユン・ジェムン・・・泮村(パンチョン)に住み、食肉の加工を生業とする白丁(ペクチョン)。都で随一の検死技術を持ち、世宗(セジョン)イ・ドからも厚い信任を受ける。


■韓国ドラマの情報はこちらからも
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト