スポンサードリンク

太王四神記【2018年8月29日スタート】毎週水曜更新

スポンサードサイト

太王四神記
ペ・ヨンジュン主演の歴史ファンタジードラマ超大作!
数千年の時を越えてからみ合う運命と、切ない愛に自らの命を賭けた優しく勇敢な王の生涯を描いた歴史ファンタジー。 主人公は韓国の歴史的英雄にして高句麗の第19代王・広開土大王、タムドク。演じたのは、『冬のソナタ』以来5年ぶりのドラマ主演となったペ・ヨンジュン。監督は故キム・ジョンハク、音楽は日本を代表する作曲家の久石譲が手がけました。制作費43億を投入して手掛けられた本作は、2007年に韓国で放送が開始されると、回を追うごとにぐんぐん視聴率を上げ、最終回では35.7%の最高視聴率を記録しました。

◆【GYAO!】で視聴する ⇒ 太王四神記(毎週水曜に2話ずつ配信されるパターンです。)

【放送年/放送局/放送回数】
2007年 MBC 全24話

【脚本】クォン・ウンミ【演出】カン・デソン、イ・ジェジン

【あらすじ】
物語の舞台は、紀元前から7世紀まで、中国東北部から朝鮮半島に存在した国「高句麗」。高句麗の人々は、数千年もの間、自分たちが神の国「チュシン」の末裔(まつえい)であると信じ、約束をされた王を待っていた。 そしてある晩… ついに「チュシン」の王の誕生を告げる星が夜空に輝いた。同じ日に王家に生まれた二人の男の子。「チュシン」の王を守るべく眠りから目覚めた四神たち。 四神の神器を手に入れようと企む闇の勢力。引き裂かれた姉妹… さまざまな運命の歯車が大きく回り始めた…。 「チュシン」の王の星のもと生まれたタムドクが数々の困難を乗り越え、天から与えられた四神の神器とその守り主をさがし当て、真の王へと成長していく。

【キャスト】
▶タムドク、ファヌン役:ペ・ヨンジュン・・・高句麗第19代の王
▶キハ、カジン役:ムン・ソリ・・・神官、タムドクの初恋の人、火天会
▶スジニ、セオ役:イ・ジア・・・コムル村の娘、キハの妹
▶ヨン・ホゲ役:ユン・テヨン・・・タムドクの従兄弟
▶火天会大長老役:チェ・ミンス・・・ジュシン王の末裔に天の力を持たせないように阻む火天会の大長老
▶ヒョンゴ役:オ・グァンノク・・・スジニの師匠、コムル村村長、玄武の転生
▶ヨン・ガリョ役:パク・サンウォン・・・ホゲの父
▶チュムチ役:パク・ソンウン・・・最強の傭兵、白虎の転生
▶チョロ役:イ・フィリップ・・・関彌(クァンミ)城主、青龍の転生



■韓国ドラマの情報はこちらからも
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト