スポンサードリンク

スパイ~愛を守るもの~【2016年11月20日スタート】毎週日曜更新

スポンサードサイト

スパイ~愛を守るもの~
主人公ソヌには、前作「トライアングル」で役者としての幅を広げたキム・ジェジュン(JYJ)。彼が唯一心を許した恋人ユンジンを、「夜警日誌」の新鋭女優コ・ソンヒが好演。2人の切ない恋の行方は本作最大の見どころ。

◆【GYAO!】で視聴する ⇒ スパイ~愛を守るもの~(毎週日曜に更新されるパターンです)


【放送年/放送局/放送回数】
2015年 KBS 全16話

【あらすじ】
平凡な公務員のソヌ(キム・ジェジュン)は、両親の愛情に包まれて暮らす心優しい息子だ。だが実は、彼は家族も知らない国家情報院のエリート諜報員という顔を持っていた。ある日、ソヌは中国・瀋陽での作戦を遂行中、北の工作員の妨害で事故に遭い、同僚を失う。作戦を失敗したソヌを待っていたのは、彼の能力に目をつけた分析班のチーフ、ジュンヒョク(ソキム・ミンジェ)による引き抜きだった。
 そんな中、ソヌは恋人のユンジン(コ・ソンヒ)を家族に紹介するが、母のへリム(ペ・ジョンオク)は彼女に不自然なものを感じ、落ち着かない。さらに、ヘリムの前には、死んだと思っていたかつての上官ギチョル(ユ・オソン)が現れる。実は、ヘリムは元・北朝鮮工作員だった。「ソヌを北の工作員に抱え込め」というギチョルの要求に驚き、動揺するヘリム。ヘリムは悩んだ末、息子を守るため、ソヌに代わって夫とともに工作任務を引き受けることに。
 一方、分析班に異動となったソヌは、北朝鮮の対南工作組織の不穏な動きを知り、その裏に同僚を死に追いやった男、ギチョルがいることを掴む。なんとしてもギチョルを捕まえようと捜査に没頭するソヌ。そして、ユンジンは危険な仕事に関わるソヌを案じながらも、彼に言えない秘密で苦しんでいた…。

【脚本】ハン・サンウン 【演出】パク・ヒョンソク

【キャスト】
▶キム・ジェジュン・・・キム・ソヌ( 国家情報院対北朝鮮情報分析チーム員)
▶コ・ソンヒ・・・イ・ユンジン(ソヌの恋人、旅行会社新入社員)
▶ペ・ジョンオク・・・パク・へリム/キム・ソンヘ(ソヌの母、元北朝鮮工作員)
▶ユ・オソン・・・ファン・ギチョル( 労働党対外連絡部所属工作員、へリムの元上官)


■韓国ドラマの情報はこちらからも ↓
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク



スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト