スポンサードリンク

美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート【2016年6月1日スタート】一挙16話全編配信

美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート
「美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート」は、イケメンラーメン屋に続くイケメンドラマシリーズで、自由奔放な高校生ロックバンド「眼球浄化」メンバーたちの友情と彼らを夢中にさせるロックミュージック、甘酸っぱい10代の心ときめくラブストーリーを中心に、花のように美しいイケメン主人公たちの無限の疾走を描いた青春ストーリーです。

ソンジュン、エル(INFINITE)、イ・ヒョンジェ(MATE)、ユ・ミンギュ、キム・ミンソクというフレッシュな若手俳優たちが「眼球浄化」メンバーを演じます。また、特別出演でドラマ「タルジャの春」などに出演の若手実力派俳優イ・ミンギが登場。ヒロイン役にはオーディション番組で美少女と話題になったチョ・ボアが演技に初挑戦しています。
それぞれ違う魅力を持った若手イケメン俳優たちが総出動し、フレッシュな演技を見せるドラマとして放送前から大きな話題となった「美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート」。リアルさを追求しながらも枠にとらわれない青春ストーリーを輝かせてくれるに十分なキャスティングで皆さんの心をトキメかせます。

◆【GYAO!】で視聴する ⇒ 美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート(16話最後まで一挙に配信されます)

【ストーリー】
芸能人にもひけを取らないゲチ洞(ゲチ町)最高のスーパースターバンド「眼球浄化」。ロックスピリットで身を固めたメンバーたちはクールな魅力とルックスで大人気。
小学生から大学生までの大勢の女子たちがステージを見るために集まり、ライブハウスは大盛況。強烈なサウンドで観客の心を捕らえたのもつかの間、ライブハウスに入って来た警察官たちが眼球浄化を追いかける。
トンネ高校の有名人たち、眼球浄化のメンバーは再開発による学区改編により、トップレベルの学校チョンサン高に仕方なく転校をすることになる。お金もコネもなく、あるといえば度胸しかない眼球浄化メンバーたちのチョンサン高行きは波瀾を予告する。
そんな中、リードボーカルのビョンヒ(イ・ミンギ)は夢にまで描いたミューズ(音楽の女神)との運命的な出会いをすることになり・・・。

【放送年/放送局/放送回数】
2012年 tvN 全16話

【脚本】ソ・ユニ【演出】イ・グォン

【キャスト】
▶チュ・ビョンヒ役:イ・ミンギ・・・「眼球浄化」リード ボーカル。あだ名は「覇王」。普段はニコニコとあどけない子どものようだが、カッとなると覇王に急変し、周辺を破壊しないと気が済まなくなる
▶クォン・ジヒョク役:ソンジュン・・・「眼球浄化」リーダー。芸術的なギター演奏に、心臓を突き刺すような鋭い眼光!その目つきに妙に惹かれてしまう。覇王チュ・ビョンヒが三角形の頂点なら、クォン・ジヒョクは三角形の重心
▶イ・ヒョンス役:エル・・・「眼球浄化」ギター。ギター、歌、ダンスも得意なマルチプレーヤー。ニックネームは「氷のプリンス」。話しかけられて凍死する子もいるというけれど…
▶チャン・ドイル役:イ・ヒョンジェ・・・「眼球浄化」ドラマー。究極の神秘主義イケメンドラマー。やばいくらいカッコイイ。 無理矢理しゃべらせなければ何も言わないほど無口
▶キム・ハジン役:ユ・ミンギュ・・・「眼球浄化」ベース。一言でいえば遊び人。ヘタに心を許して噛みつかれたら、人生台無し! なぜ音楽をやっているのかと聞くと「ナンパするため」と堂々と答え、未来の夢は何かと聞かれれば「カサノバ(=女たらし)」と答える
▶ソ・キョンジョン役:キム・ミンソク・・・「眼球浄化」キーボード。いつもニコニコしながら観客達と目を合わせる、生まれながらの可愛い子。 可愛いルックスとは似合わず、人生の目標はMONEYのみ!
▶イム・スア役:チョ・ボア・・・チョンサン高2年生。ビョンヒのミューズ(女神)。大きな目から今にも涙が出そうなイメージだが、どんなに辛くても世の中を憎んだり泣きごとを言ったりせず、とにかく生きていればなんとかなると信じる、肯定的で強い性格の持ち主

◆美男<イケメン>バンド(Shut Up! Flower Boy Band) 第16話(最終回)【Viki】

※Vikiを日本から観る方法 ⇒ 「Vikiを日本で観る方法
※設定変更後Vikiサイトでご覧ください ⇒ エピソード 16: Shut Up! Flower Boy Band


■韓国ドラマの情報はこちらからも ↓
 にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト