スポンサードリンク

ラジオロマンス(라디오 로맨스)第10話

スポンサードサイト

ウ・ジウ
台本なしでは何もできないトップ俳優チ・スホ(ユン・ドゥジュン)と、彼をDJとしてキャスティングした、物書き以外は何でも上手にできるラジオサブ脚本家ソン・グリム(キム・ソヒョン)が、決して台本通りに進行できないラジオブースで繰り広げるヒューマンロマンスドラマです。

【キャスト】
▶チ・スホ役:ユン・ドゥジュン(Highlight)・・・素晴らしい演技力と、綺麗なプライベートで国民的な人気を得ているが、実は細かい日常生活すらも細かく練り込まれた脚本通りに生きる男だった。しかし、彼が出会った1坪の生放送ラジオブースは、決して台本通りにはいかない。そして、恋も台本で学んだチ・スホは狭いラジオブースの中で、生まれて初めてカメラの外で、台本のない本当の恋愛を始める。
▶ソン・グリム役:キム・ソヒョン・・・子供の頃、視力を失った母と共有できる唯一の世界だったラジオ。目に見えるものより、率直な声に慰められて作家になった。しかし作家に必須の能力である文章を書くこと以外はすべての仕事を上手くこなす。自身の番組がなくなる危機に陥るとラジオ局で生き残るために粘りと前向きな精神で武装し、トップ俳優チ・スホをDJとしてキャスティングする。
▶イ・ガン役:ユン・バク・・・終わりの見えないアイテム会議、毎日のように徹夜、しつこい干渉で補助演出の7人を入院させ、DJも12人もすり替えた伝説的な記録を持っている。そのため、彼が制作した番組は全て聴取率1位を記録するが、スタッフたちにとっては避けるべきプロデューサー第1位。そのような彼が、脚本家ソン・グリムに「チ・スホをDJとしてキャスティングしたら、僕の番組のメイン脚本家は君にする」という拒絶できない提案をする。
▶ジン・テリ役:ユラ(Girl’s Day)・・・一時オファーが殺到するほど人気だったが一度の事故で芸能界の下り道にいる女優。彼女の趣味は、トップ時代に活躍した自身の映像を見ること、離れるファンを管理すること、SNSをすること、ファンコミュニティの集まりに参加すること。このまま女優としての人生は終わりかと思っていた時、トップスターのチ・スホファミリーの秘密を知り、それを利用して再び芸能界の頂点に戻ろうとする。
▶キム・ジュヌ役:ハ・ジュン・・・JHエンターテイメントの企画ディレクターであり、スホのマネージャーであり、ジュハのスパイ。
▶ジェイソン役:クァク・ドンヨン・・・スホの周りにくっつく人々はジホの”恋人だ””ゲイだ””マネージャーだ”と複数の名前で呼ぶが、実際にはジホの高校の友人であり、精神科主治医。
▶ナム・ジュハ役:オ・ヒョンギョン・・・元モデルで今は大韓民国で最も成功するJHエンターテイメント代表。成功した実業家。まだモデル時代の8等身を維持している。
▶チ・ユンソク役:キム・ビョンセ・・・”韓国国民の夫”と呼ばれる35年目のベテラン俳優。JHエンターテイメント共同代表であり、スホの父。
▶チョン・エラン役:キム・イェリョン・・・グリムの友達のような母親。目は見えないが、障害にひるまず、堂々としている。カウンセラー。

◆日本語字幕で観る ⇒ ラジオロマンス(Radio Romance)第10話


■韓国ドラマの情報はこちらからも
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト