スポンサードリンク

【テレビ東京】オー・マイ・クムビ(오 마이 금비)2018年4月23日スタート

スポンサードサイト

オー・マイ・クムビ
2016KBS演技大賞でオ・ジホ&ホ・ジョンウンがベストカップル賞、そして、ホ・ジョンウンは青少年演技賞も受賞!
父であること、母であること、そして家族とは何か?心温まる愛と絆のヒューマンドラマです。

【放送年/放送局/放送回数】
2016-2017年 KBS 全16話

【あらすじ】
何をやっても中途半端な詐欺師のフィチョル(オ・ジホ)は仕事に失敗して警察に捕まってしまう。そこへ突然自分の娘だという10歳の女の子が現れる。名前はクムビ(ホ・ジョンウン)。突然現れた娘に戸惑うフィチョルだったが、刑務所暮らしを避けるためクムビを引き取ることにする。警察から釈放されたフィチョルはクムビを施設に入れようと画策するが、クムビを通じて知り合ったカンヒ(パク・ジニ)という女性に一目ぼれしてしまい、クムビを手放せなくなってしまう。ところがクムビと暮らすようになってからフィチョルの人生が変わり始める。カンヒとも次第に心が通い始め、詐欺師の代わりに工事現場や運転代行で生活を立て直そうとする。なかなか思うようにはいかないが、笑うことも増えはじめ、娘の父親として、カンヒの恋人として生きていけるかもしれないと思っていたその矢先にフィチョルは衝撃的な事実を知る。実はクムビは難病にかかっていて、この先記憶を失い、体も動かなくなってしまうかもしれないというのだ。クムビの実の父親は本当にフィチョルなのか、そして母親は?フィチョルとカンヒの愛の行方は、またフィチョルを狙う謎の男の正体とは?そしてクムビの運命は…。

【脚本】チョン・ホソン、イ・ミョンヒ 【演出】キム・ヨンジョ

【キャスト】
▶ユ・クムビ役:ホ・ジョンウン・・・口が達者で現実的なしっかり者の女の子。 親がおらず“おばさん”と呼ぶ女性に育てられる。 ある日“おばさん”がいなくなり、会ったこともない父・フィチョルの元へ行くことに。 情けない父の姿に最初はあきれるが、紆余曲折を重ねて次第に心が通い始めるようになる。 しかし、そんなクムビに病魔は容赦なく襲いかかり、実の母と名乗る女性まで現れて…。
▶モ・フィチョル役:オ・ジホ・・・中途半端な詐欺師。高校時代、警察だった父の死後その日暮らしの生活を続けてきた。父の死にかかわった詐欺師キルホの影響で詐欺師になってしまう。そんなフィチョルの前に、ある日ひとりの女の子クムビが現れた。彼女はフィチョルの娘だという。刑務所暮らしを避けるために、クムビを預かることに。さらにクムビを通して知り合ったカンヒに思いを寄せるようになる。娘と愛する人が同時にできたフィチョルの心は徐々に変化し始める。
▶コ・カンヒ役:パク・ジニ・・・物静かな樹木科学院の研究員。古い美術品溢れる美術館のような家で、ひっそりと一人で暮らしている。カンヒの一家には過去に悲しい出来事があり、幸せだった家族は崩壊しカンヒの兄も出て行ったしまっている。家も美術品も全部売って、海外に行くつもりのところに、クムビとフィチョルに出会い、カンヒの止まっていた時間が動き始める。フィチョルや、けな気なクムビと一緒に居たいと思い始めるが、クムビの病気のことを知り…。
▶チャ・チス役:イ・ジフン・・・フィチョルをつけ回し、暴力で痛めつける謎の男。もともとフィチョルとは、高校から友達だったが、過去のあるできごとでフィチョルに深い恨みをいだくようになった。
▶ユ・ジュヨン役:オ・ユナ・・・2クムビの実の母。遊び好きで多くの男と付き合ううちに妊娠してしクムビを出産するが、育てられずクムビを知人に預けてしまい行方をくらます。ところが、自分が貰うものと思っていた実家の遺産はすべてクムビに相続することになっていることを知るや、今度は取り戻そうとクムビの前にあらわれて…。


■韓国ドラマの情報はこちらからも
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト