スポンサードリンク

町の弁護士 チョ・ドゥルホ(동네변호사 조들호)第7話

スポンサードサイト



パク・ウォンサン
ヨンイルによってマイケル・チョンを逃してしまい意気消沈しているドゥルホの前に、娘のスビンが現れる。3年ぶりに父親のドゥルホと再会したスビンはドゥルホに、自分の3年間の日記帳を渡す。スビンによって元気を取り戻したドゥルホに、幼稚園を不当解雇されたデスの妹ペ・ヒョジンが弁護を依頼するのだが、ドゥルホはウンジョに任せる。弁護を引き受けてくれないドゥルホに失望したデスとその部下たちはデスを事務所から追い出そうとし、そんなデスにヒョジンが児童虐待罪で逮捕されたとの連絡が入る。
送検されたヒョジンの弁護士がドゥルホだと知ったジウクは、自らヒョジンの事件を担当する。被害者の証言まで取れているのにヒョジンは無実を訴え、園長の本性や子供たちの給食に問題があることをドゥルホに打ち明ける。ドゥルホとエラは園長の調査と証拠確保のために、幼稚園のバスの運転手と調理師として幼稚園に就職する。そして、ウンジョはヒョジンを訴えたソヨンの母親に会いに行くのだが…。

【キャスト】
▶チョ・ドゥルホ役:パク・シニャン・・・40代前半。元強力部検事。現生活家庭法律専門弁護士。田舎町に生まれ、司法試験に首席合格し、卒業後も前途有望な検察官で、大手法律会社の代表取締役の婿になり、出世の道を進んでいた人物。しかし、目の前で行われる検察の不正に耐え切れずに内部告発し、家族を始めとするすべてを一瞬にして失い、再起不能のどん底に落ちてしまった人物。結局は法律を守っていく弁護士に生まれ変わっていく
▶イ・ウンジョ役:カン・ソラ・・・20代後半。大手法律事務所であるクムサンの新入弁護士。チョ・ドゥルホ(パク・シニャン)と会ってから忘れていた初心を思い出させて、本物の弁護士となっていく
▶シン・ジウク役:リュ・スヨン・・・30代半ば。ロイヤルファミリー出身の検事。チョ・ドゥルホ(パク・シニャン)と家庭問題、異性問題で絡み合うドゥルホのライバル的存在
▶チャン・ヘギョン役:パク・ソルミ・・・30代半ば。大手法律事務所であるクムサンの代表弁護士。チョ・ドゥルホ(パク・シニャン)の元妻
▶シン・ヨンイル役:キム・ガプス・・・50代後半。現ソウル中央地検トップ(高等検察庁検事長級)。シン・ジウク(リュ・スヨン)の父。チョ・ドゥルホ(パク・シニャン)を再起不能の底に落とした人物
▶チャン・シヌ役:カン・シニル・・・ヘギョンの父、クムサン代表弁護士
▶キム・テジョン役:チョ・ハンチョル・・・クムサンパートナー弁護士
▶チョン会長役:チョン・ウォンジュン・・・テファグループ会長
▶ファン・エラ役:ファン・ソクチョン・・・ドゥルホの事務所の事務長
▶ペ・テス役:パク・ウォンサン・・・ドゥルホの協力者、元ヤクザ
▶キム・ユシン役:キム・ドンジュン(ZE:A)・・・テスの部下

※日本語字幕で観る ⇒ 町の弁護士 チョ・ドゥルホ(Neighborhood Lawyer Jo Deul Ho) 第7話 


■韓国ドラマの情報はこちらからも
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサーリンク
スポンサードサイト