スポンサードリンク

町の弁護士 チョ・ドゥルホ(동네변호사 조들호)第2話

パク・シニャン
3年前の放火事件の容疑者として捕まったピョン・ジシクの弁護を志願したドゥルホは、ウンジョと共同弁護を行うことになり、高利貸しをしているペ・デスの事務所に弁護士事務所を開業する。検察はジシクが犯人であるという証拠を多く確保し、無実を証明できないウンジョは心身耗弱で刑を軽減させようとする。しかし、証拠はないが真相を知っているドゥルホは、ウンジョにジシクは無罪だと言い、裁判のあとマスコミの前で大々的にインタビューを行なう。
ドゥルホのインタビューを見たチョン会長は、クムサン法律事務所の経営者であり、ドゥルホの元妻のヘギョンの父親であるチャン・シヌに敗訴するようにと命令する。放火事件の担当検事であるシン・ジウクは、父親であるシン・ヨンイルやチョン会長と食事をすることになる。そして、ヨンイルとチョン会長はジウクが席を外した時、ドゥルホは惜しい人材だったと話す。クムサン法律事務所で働いているウンジョは、上司のキム・テジョンの命令でドゥルホのすべてを監視することになるのだが…。

【キャスト】
▶チョ・ドゥルホ役:パク・シニャン・・・40代前半。元強力部検事。現生活家庭法律専門弁護士。田舎町に生まれ、司法試験に首席合格し、卒業後も前途有望な検察官で、大手法律会社の代表取締役の婿になり、出世の道を進んでいた人物。しかし、目の前で行われる検察の不正に耐え切れずに内部告発し、家族を始めとするすべてを一瞬にして失い、再起不能のどん底に落ちてしまった人物。結局は法律を守っていく弁護士に生まれ変わっていく
▶イ・ウンジョ役:カン・ソラ・・・20代後半。大手法律事務所であるクムサンの新入弁護士。チョ・ドゥルホ(パク・シニャン)と会ってから忘れていた初心を思い出させて、本物の弁護士となっていく
▶シン・ジウク役:リュ・スヨン・・・30代半ば。ロイヤルファミリー出身の検事。チョ・ドゥルホ(パク・シニャン)と家庭問題、異性問題で絡み合うドゥルホのライバル的存在
▶チャン・ヘギョン役:パク・ソルミ・・・30代半ば。大手法律事務所であるクムサンの代表弁護士。チョ・ドゥルホ(パク・シニャン)の元妻
▶シン・ヨンイル役:キム・ガプス・・・50代後半。現ソウル中央地検トップ(高等検察庁検事長級)。シン・ジウク(リュ・スヨン)の父。チョ・ドゥルホ(パク・シニャン)を再起不能の底に落とした人物
▶チャン・シヌ役:カン・シニル・・・ヘギョンの父、クムサン代表弁護士
▶キム・テジョン役:チョ・ハンチョル・・・クムサンパートナー弁護士
▶チョン会長役:チョン・ウォンジュン・・・テファグループ会長
▶ファン・エラ役:ファン・ソクチョン・・・ドゥルホの事務所の事務長
▶ペ・テス役:パク・ウォンサン・・・ドゥルホの協力者、元ヤクザ
▶キム・ユシン役:キム・ドンジュン(ZE:A)・・・テスの部下

※日本語字幕で観る ⇒ 町の弁護士 チョ・ドゥルホ(Neighborhood Lawyer Jo Deul Ho) 第2話 


■韓国ドラマの情報はこちらからも
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト