スポンサードリンク

私の名前はキム・サムスン【2016年10月22日スタート】毎週土曜更新

私の名前はキム・サムスン
最高視聴率50.5%を記録した史上最高のロマンティックラブコメディです。

◆【GYAO!】で視聴する ⇒ 私の名前はキム・サムスン(毎週土曜2話すつ配信されるパターンです。)

【放送年/放送局/放送回数】
2005年 MBC 全16話

【ストーリー】
ちょっぴり太めのキム・サムスン(キム・ソナ)は、30歳、独身。クリスマス・イヴに恋人のヒョヌにふられた上に、パティシエとして働いていた店もクビになり、まさに崖っぷちに立っていた。ある日、ホテルのレストランの面接を受けて不採用になったサムスンの前に、ホテルの御曹司ジノンが現れる。フレンチレストランを経営しているジノンは、偶然サムスンが見本として作ってきていたケーキを食べ、彼女をレストランのパティシエとしてスカウトする。傲慢なジノンに反感を感じながらもサムスンは仕事欲しさに彼の店で働き始める。ところが、ジノンの母親が2人の仲を勘違いしたことをきっかけに、ジノンはサムスンに「恋人のフリをしてほしい」と持ちかける。ちょうど、お金が必要になっていたサムスンは、5000万ウォンと引き換えに契約恋愛を引き受けることに…。

【脚本】キム・ドウ【演出】キム・ユンチョル

【キャスト】
▶キム・ソナ (キム・サムスン役)・・・幸せな結婚に憧れる、ちょっぴり太目の30歳のパティシエ(お菓子職人)。パリのコルドン・ブルーで製菓を学んだケーキ作りの腕前は一流だが、妄想癖に加えて独り言を言うクセもあり、かなりドジ。精米店の三女に生まれ、“サム(三)スン(順)”という古くて冴えない名前を嫌っている。
▶ヒョンビン (ヒョン・ジノン役)・・・高級フレンチレストラン、ボナペティを経営する若社長。ルックス抜群で仕事はできるが、傲慢な面もあるつっけんどんな性格。結婚をせっつく母親のお見合い攻撃から逃れるために、おばさん扱いしていた3歳年上のサムスンに偽装恋人を持ちかける。車の運転を嫌がるのには何か理由があるらしい。
▶チョン・リョウォン (ユ・ヒジン役)・・・ジノンの元彼女。両親とも医者で自らも医学部の学生。3年前、胃がん宣告を受け、何も言わずにジノンの前から姿を消して治療のため渡米。最近、韓国に戻って来た。
▶ダニエル・ヘニー (ヘンリー・キム役)・・・ヒジンの主治医。2歳でアメリカに渡ったため韓国語は苦手。ハンサムで温厚な性格。胃がん治療が完全に終わる前に帰国してしまったヒジンを心配して韓国にやってくる。
▶イ・ギュハン (ミン・ヒョヌ役)・・・留学時代のサムスンとフランスで出会い、3年間付き合ったが浮気をした挙句、クリスマス・イブに別れを告げる。建設会社の御曹司で、サムスンの幼馴染であるチェリと婚約するが、サムスンがジノンと付き合いだしたと聞き、嫉妬心が湧きちょっかいを出してくるようになる。
▶ヨ・ウンゲ (オ支配人)・・・ジノンが経営する「ボナペティ」を束ねる支配人。穏やかな性格でオーナーのジノンや従業員たちを見守る。ジノンが誰よりも信頼している人物で、二人の間にはある秘密がある。
▶クォン・ヘヒョ (イ・ヒョンム料理長)・・・ボナペティの調理場を仕切る料理長。 自分が作る料理に対する誇りが高く、サムスンの姉イヨンが料理を残したことで大喧嘩をする。しかしがその後イヨンのことが気になる存在となっていく。
▶ナ・ムニ (ナ社長)・・・ソウルホテルを率いるやり手の女社長。夫と長男夫婦に先立たれ、次男であるジノンに結婚をやかましく勧める。ジノンとサムスンの仲が本当か怪しんでいる。以前はヒジンのことを実の娘のように可愛がっていたが、ジノンとの復縁には反対する

■韓国ドラマの情報はこちらからも ↓
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト