スポンサードリンク

武神【2018年7月30日スタート】毎日1話配信

スポンサードサイト

武神
13世紀の高麗時代中期、奴隷の身分から最高権力者の座にまで上り詰めた実在の人物、キム・ジュンを主人公に、当時の混迷した社会状況と歴史の流れをダイナミックに描いた韓流時代劇の真骨頂ともいうべき作品です。

◆【GYAO!】で視聴する ⇒ 武神(毎日1話ずつ配信されるパターンです)

【放送年/放送局/放送回数】
2012年 MBC 全56話

【あらすじ】
舞台は13世紀の高麗。王と文臣貴族による朝廷は権力を失い、武力を背景とした武臣が政権の座に就いて約50年。権力闘争に勝利し武臣政権の頂点に立ったチェ・チュンホンは、自らの権力基盤である都房を率いて国政を牛耳っていた。そんな中、都房の暴政に不満を抱いた僧侶たちが反乱を起こしたのをきっかけに、全国の寺院は大々的な弾圧を受けることになる。赤ん坊の頃に寺に引き取られ、僧侶見習いのムサンとして育てられたキム・ジュンは、チェ・ヤンベクの都房親衛隊に逮捕され、チェ・チュンホンの屋敷から逃亡した奴婢の子であると発覚してしまう。チェ・チュンホンの孫娘ソンイの助言で処刑を免れたキム・ジュンは、撃毬の腕前によって、チェ・チュンホンの長男でソンイの父であるチェ・ウの目にとまり、家臣として取り立てられる。折しも北方で大帝国を築いた蒙古が高麗を侵略する中、武臣政権を継いだチェ・ウの信任を得て、側近として活躍するキム・ジュン。やがてキム・ジュンは、世襲の崔氏政権を倒して、武臣政権の頂点に立つ。

【脚本】イ・ファンギョン 【演出】キム・ジンミン、キム・フンドン

【キャスト】
▶キム・ジュン(キム・インジュン)役:キム・ジュヒョク・・・父親に続き、崔忠献(チェチュンホン)家の奴隷だった。崔?(チェウ)に見いだされて、家臣から側近に取り上げられ、ついには政権を奪取してトップに立つ。崔氏一門の興亡史にずっと係わってきた人物。後に、金仁俊と改名。
▶ソンイ役:キム・ギュリ・・・金若先(キムヤクソン)の妻で、崔?(チェウ)の娘。意志の強い性格で、甚だしく金俊に執着した。利己的で悲劇的な恋により自らも破滅の道を歩く。
▶チェウ(チェイ)役:チョン・ボソク・・・崔忠献の息子で第2代君主。父親に似て豪放で頭の回転も速い。金俊を奴隷の身分から解放して、自分の側室を下賜した。30年間の対蒙抗争史の主役であり、八万大蔵経作成の実質的中心人物。後継者には恵まれず、後に崔怡と改名した。
▶チェ・ヤンベク役:パク・サンミン・・・奴隷出身で、金俊と同じ運命の道を共に歩く。生涯のライバルとして、常に命を掛けて対角に対峙する。


■韓国ドラマの情報はこちらからも
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサーリンク
スポンサードサイト