スポンサードリンク

ロマンスが必要3【2016年8月8日スタート】毎週月曜配信

ロマンスが必要3
前作までのキャストを総入れ替えした『ロマンスが必要』シリーズ第3弾!ドキドキ感が止まらないラブシーンやキスシーン満載の最高のリアル・ロマンティック・ラブコメディです。

◆【GYAO!】で視聴する ⇒ ロマンスが必要3(毎週月曜に1話ずつ配信されるパターンです。)

【放送年/放送局/放送回数】
2014年 tvN 全16話

【ストーリー】
シン・ジュヨン(キム・ソヨン)はテレビ通販のファッションMD(マーチャンダイザー)で、5回連続売り切れ行列という記録を持つ売れっ子だ。そんな彼女は、社内恋愛中の相手からプロポーズをされることを夢見る毎日。
音楽家のチュ・ワン(ソンジュン)は、少年時代に年上のジュヨンに恋していた想い出を胸に、17年ぶりにアメリカから帰国。性格が変わってしまった彼女に、少なからずショックを受ける。だが、ジュヨンは上司のカン・テユン(ナムグン・ミン)に強く惹かれており…。そんな中、ワンの母親に恩があるジュヨンは、住むところのないワンに自宅を提供する羽目に。果たしてこの恋のトライアングルはどんな結末を迎えるのか―!?

【脚本】チョン・ヒョンジョン 【演出】チャン・ヨヌ

【キャスト】
■シン・ジュヨン役(キム・ソヨン)・・・ホームショッピング ニューブランドチームのチーム長。経歴9年のファッションMD(マーチャンダイザー)。20代の頃は純粋で温和な性格だった彼女だが、32歳になり社会の厳しさを経験した結果、いつしか仮面をかぶり自分を偽って生きるようになった
■ジュワン役(ソンジュン)・・・ジュヨンの母親の友人の息子で、事情がありジュヨンの母親に預けられる。幼い頃から姉のように面倒を見てくれたジュヨンは彼にとって一つの世界であった。
9歳でアメリカに移民し、高校生の頃に音楽の才能を発揮。17年が経ち、韓国で自らの会社を立ち上げ帰国することとなったジュワンは、自分に音楽の心と楽しさを教えてくれたジュヨンとの再会を心待ちにする
■カン・テユン役(ナムグン・ミン)・・・ホームショッピング、ファッション事業局局長。
友達は皆、大企業のIT会社に志望するなか、トレンドをいち早く読んだ彼はホームショッピング業界を志望。企画した男性用シャツが大成功を収めるなどすぐに彼の才能は頭角を現し、入社2年目にして年間売上200億円を達成。最年少局長の座に就いた
■オ・セリョン役(ワン・ジウォン)・・・元モデル。トップスタイリストで、ビューティーチャンネルの司会者としても活躍。
大学やブランドのスタイリングクラスの講義はもちろん、自身で出版したビューティー本はベストセラーになるほどだ。そんな彼女にとって恋愛は「エネルギー充電所」
■イ・ミンジョン役(パク・ヒョジュ)・・・ ホームショッピングのニューブランドチーム、入社11年目。
楽観的で、欲望があまりなく今の人生に満足している。たまに不満が溜まってぼやくこともあるが、静かに自分のすべき仕事をこなす。仕事が終われば、一人暮らしの家が彼女を待っている
■チョン・ヒジェ役(ユン・スンア)・・・ホームショッピングのニューブランドチーム、入社1年目。
目標はいつも高く、早く自分の能力を認められたいと努力する日々を送る。優秀な先輩たちの間で負けないよう、全力で自分をアピールし続ける。
公務員試験の準備をする彼と交際5年目。やりたいことも、食べたいものも全部我慢して一生懸命お金を貯める
■イ・ウヨン役(パク・ユファン)・・・ホームショッピングのニューブランドチーム、入社1年目。ヒジェの同期。
気の強い母と3人の姉を持つ彼は、女子というものを十分すぎるほど理解している。
そのおかげもあり、会社の女性陣と上手く付き合っている


■韓国ドラマの情報はこちらからも ↓
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト