スポンサードリンク

【テレビ東京】華政 (ファジョン:화정)2017年1月4日スタート

スポンサードサイト



華政
知られざる悲劇の王女・貞明(ジョンミョン)公主の波乱万丈の生涯を描く歴史エンターテインメント大作。
17世紀前半、異母兄の光海君によって慶運宮に追いやられ、6年もの幽閉生活を送った貞明(ジョンミョン)公主。朝鮮第14代王・宣祖と仁穆大妃の間に生まれた嫡流の王女でありながら過酷な運命に翻弄された貞明公主は、その82年の生涯の中で19代王・粛宗まで8人の王の治世を見守った。本作は、貞明公主が長崎の硫黄鉱山で火薬製造を学び、朝鮮に戻って<火器都監>で活躍するというフィクションを織り交ぜ、光海君と仁祖の治世を壮大なスケールで綴った話題作です。

【放送年/放送局/放送回数】
2015年 MBC 全50話

【脚本】キム・イヨン【演出】キム・サンホ、チェ・ジョンギュ

【あらすじ】
時は1608年。朝鮮第14代王・宣祖の次男、光海君は嫡子ではないという理由で16年もの間、明に正式な世子と認められず、父からも冷遇されている。光海君の心を癒してくれるのは、幼い異母妹の貞明公主だけだった。そんな中、宣祖が崩御。次期王の擁立をめぐり、朝廷はにわかに慌ただしくなる。骨肉の争いを望まない光海君は、永昌大君と貞明公主を守ると仁穆大妃に誓い、15代王に即位。しかしその後、永昌大君は無念の死を遂げ、仁穆大妃は慶運宮に幽閉される。一方、宮殿から逃げ出した貞明公主は倭国へ。奴隷として長崎の硫黄鉱山に売られ、ファイという名で男のふりをして過酷な日々を生き抜いていた。数年後、朝鮮通信使がやってくることを知ったファイは、祖国に戻るきっかけをつかもうと江戸に向かい、ホン・ジュウォンと出会う。彼は幼い頃に貞明公主を守れなかった後悔を胸に抱きつつ、光海君が設立した“火器都監”で働いていた。ファイは硫黄の闇取引を手助けし、ジュウォンと共に朝鮮に帰国。ついに家族の仇である光海君と対面するが…

【キャスト】
▶貞明公主/ファイ役:イ・ヨニ・・・朝鮮第14代王・宣祖と仁穆大妃の間に生まれた嫡流の王女。世の主となることを予言されるが、光海君の即位後、庶民に降格。倭国で硫黄鉱山の奴隷となり、ファイと名を変えて過酷な日々を生き抜く。数年後、ホン・ジュウォンの助けで帰国し、光海君への復讐心と正体を隠して火器都監の硫黄班で働き始める。
▶光海君役:チャ・スンウォン・・・朝鮮第14代王・宣祖の庶子で次男。本名イ・ホン。15代王に即位後、王位を脅かす兄の臨海君や異母弟の永昌大君、かわいがっていた貞明公主までをも死に追いやってしまう。国力増強を目指して火器都監を設置し、数年後、ファイと名を変えた貞明公主と再会。兄として、今度こそ彼女を守り抜こうと心に誓う。
▶ホン・ジュウォン役:ソ・ガンジュン(5urprise)・・・名家、豊山ホン氏の一族でホン・ヨンの長男。貞明公主の婿候補に選ばれるも、彼女と永昌大君を守れなかったという心の傷を抱えている。光海君を憎んでいるが、父の反対を押し切って火器都監を志願。江戸で出会ったファイが公主だと気づかないまま朝鮮への帰国を助け、光海君を説得して火器都監に採用する。
▶陵陽君(仁祖)役:キム・ジェウォン・・・のちの朝鮮第16代王・仁祖。本名イ・ジョン。宣祖の五男・定遠君の長男で、光海君の甥。劣等感と嫉妬に苛まれながら育ち、権力に対する強い野心を抱く。明の派兵要請に朝廷が揺れる中、光海君の前に姿を現す。西人派の後ろ盾を得てクーデターを決行し、王位を手にするが、貞明公主との激しい対立が続く。
▶カン・イヌ役:ハン・ジュワン・・・朝鮮で屈指の財力を誇るカン・ジュソンの庶子。嫡母のユン氏には冷遇されている。早々と官職を諦め、妓房で遊び暮らしているが、武術の腕は一流。幼い頃に偶然出会った貞明公主に惹かれ、その後、親友のジュウォンと共に彼女の婿候補に選ばれた。再会した貞明公主をめぐってジュウォンと三角関係に陥る。
▶カン・ジュソン役:チョ・ソンハ・・・イヌの父。ジュウォンの父、ホン・ヨンと親しい。漢城府判尹の官職を担う一方、商人としても優れた才能を発揮し、莫大な財産を築き上げた。貧しい人々のために奉仕活動を行い、富を社会に還元し続けている。上品だが気さくで、党派にかかわらず多くの人の尊敬を集めているが、実は裏の顔を持っている。


■韓国ドラマの情報はこちらからも
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト