スポンサードリンク

朝鮮ガンマン【2018年4月25日スタート】毎週水曜更新

スポンサードサイト

朝鮮ガンマン
最も時代劇を魅せる俳優イ・ジュンギ主演!朝鮮王朝末期、時代の変わり目に生きた男の愛と運命を描くアクションロマンス時代劇です。

◆【GYAO!】で視聴する ⇒ 朝鮮ガンマン(毎週水曜日に2話ずつ配信されるパターンです)

【放送年/放送局/放送回数】
2014年 KBS 全22話

【あらすじ】
時代は朝鮮王朝時代の末期。日本・清・ロシア、欧米列強が押し寄せてくる中「文明開化」を推し進める王党派と既得権益にしがみつく「反動勢力」が争いを続けていた。そんな中、時の王、高宗が支持する開化派の学者たちが謎の銃使いによって次々襲われ、武官のパク・ジナン(チェ・ジェソン)は王命により捜査に乗り出す。ジナンの息子ユンガン(イ・ジュンギ)は男装した娘スイン(ナム・サンミ)を銃使いと勘違い、さらに妙な縁から彼女の家に居候することに。はじめはユンガンに悪印象を抱くスインだったが、ユンガンに窮地を助けられ、互いに惹かれ合っていく。そんな中、ジナンが銃使いに殺され、ユンガンもスインの目の前で銃に倒れる。3年後、港を訪れたスインは、日本から商談のためにやってきた商人・半蔵に出会う。ユンガンに瓜二つの半蔵に驚くスインだが、半蔵の態度は冷たい。一方、半蔵は行商団・京畿褓商の長ウォンシン(ユ・オソン)と接触するが、その真の目的は腕に傷跡が残る銃使いを捜すことだった。

【脚本】イ・ジョンウ、ハン・ヒジョン 【演出】キム・ジョンミン、チャ・ヨンフン

【キャスト】
▶パク・ユンガン(長谷川半蔵)役:イ・ジュンギ・・・青年武士
▶チョン・スイン役:ナム・サンミ・・・訳官の娘
▶チェ・ヘウォン役:チョン・ヘビン・・・商団の娘
▶キム・ホギョン役:ハン・ジュワン・・・朝廷の権力者の庶子
▶チェ・ウォンシン役:ユ・オソン・・・チェ・ヘウォンの父、行商人団の首長、銃使い
▶金丸役:大谷亮平・・・長谷川半蔵の同行者、山元商団の団員


■韓国ドラマの情報はこちらからも
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト