スポンサードリンク

神様がくれた14日間【2018年7月23日スタート】毎週月曜配信

スポンサードサイト



神様がくれた14日間
娘を殺害された母親が2週間前にタイムスリップし、事件を解決していくサスペンスドラマ。タイムスリップした後は1日を1話で描き、事件の真相を暴いていく! 「24-TWENTY FOUR-」「ツイン・ピークス」のような手法を用い、誘拐事件をきっかけに明らかになっていく陰謀の数々に視聴者も釘付けに!
スリリングで緻密な展開、張り巡らされた伏線・・・一瞬たりとも見逃せないタイムスリップ・サスペンスです。

◆【GYAO!】で視聴する ⇒ 神様がくれた14日間(毎週月曜に2話ずつ配信されるパターンです。)

【放送年/放送局/放送回数】
2014年 SBS 全16話

【ストーリー】
テレビ局で働くキム・スヒョン(イ・ボヨン)は、自身が手がける番組の生放送中に娘のセッピョルを誘拐され、殺害されてしまう。四十九日を過ぎても悲しみに打ちひしがれ、ふさぎ込むスヒョンは、娘の遺体が発見された貯水池で入水自殺を図る。その時、すぐ近くでも元刑事で現在は探偵業を営むキ・ドンチャン(チョ・スンウ)が、ヤクザの女に手を出したとして池に投げ込まれていた。さらに同時刻には、10年前の連続殺人事件の罪で死刑囚として服役していたドンチャンの兄ドンホの刑が執行される。
自殺したはずのスヒョンが目を覚ますと、なぜかセッピョルが殺害される2週間前へドンチャンと共にタイムスリップしていた! スヒョンはこのタイムスリップは神様がくれたチャンスだと考え、今度こそ娘を救うためにドンチャンの協力のもと犯人捜しを始める。

【脚本】チェ・ラン【演出】イ・ドンフン

【キャスト】
▶キム・スヒョン役:イ・ボヨン・・・テレビ局で働く放送作家。セッピョルの母。
▶キ・ドンチャン役:チョ・スンウ・・・元刑事の探偵。死刑囚の兄がいる。
▶ハン・ジフン役:キム・テウ・・・弁護士で、死刑反対の活動をしている。スヒョンの夫。
▶ユン・ジェミン/テオ役:ノ・ミヌ・・・セッピョルが熱をあげているロックグループ“スネーク”のリーダー。
▶キ・ヨンギュ役:バロ(B1A4)・・・ドンチャンの甥で、セッピョルの友達。脳に障害がある。
▶ヒョン・ウジン役:チョン・ギョウン・・・刑事。スヒョンの元恋人。
▶ハン・セッビョル役:キム・ユビン・・・スヒョンの娘


■韓国ドラマの情報はこちらからも
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト