スポンサードリンク

【テレビ東京】奇皇后(기황후)2017年6月15日スタート

奇皇后
13世紀末から14世紀中頃にかけて東アジア領域を支配した王朝・元。この強大な国家を37年間も揺るがした高麗女性が実在した。その名は奇皇后。慣れない異国の皇室で高麗人としての自尊心を失わず、自らの運命を切り拓いていった女性だ。ドラマでは彼女の波瀾万丈の生涯をベースに、皇后まで上り詰める彼女の成功の物語と彼女を巡る二人の男性との運命的な愛を描いている。

【放送年/放送局/放送回数】
2013-2014年 MBC 全51話

【脚本】チャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン【演出】ハン・ヒ、イ・ソンジュン

【あらすじ】
13世紀末から14世紀中頃にかけて、東アジアから東ヨーロッパにまたがる広大な領域を支配したモンゴル帝国の中国領であった元。高麗の少女ヤンは元への貢ぎ物「貢女(コンニョ)」として、母や多くの女たちと共に連れ去られる途中、人質として同行していた高麗の世子ワン・ユの助けで逃亡。しかし、ヤンの母は追ってきた元の武将タンギセに殺されてしまう。伸び逃げたヤンは身を隠すため少年スンニャンに姿を変え、ワン・ユの叔父であるワン・ゴに仕えることに。時が経ち、成長したスンニャン(ハ・ジウォン)は弓の名手となり、ならず者たちを率いていた。そのころ、ワン・ユ(チュ・ジンモ)は高麗王の座を狙うワン・ゴ(イ・ジェヨン)の密貿易の証拠をつかもうとしていた。ワン・ユは調査中に偶然知り合ったスンニャンを男と知りなからも、なぜか魅かれるものを感じる。
一方、元の皇太子タファン(チ・チャンウク)が高麗に流罪となる。元を牛耳る丞相ヨンチョル(チョン・グクファン)は、そこでタファンを暗殺する計画だった。高麗の兵士となっていたスンニャンはタファンの護衛を担当することになり・・・。

【キャスト】
▶スンニャン(キ・ヤン)役:ハ・ジウォン・・・ならず者の集団「オオカミ派」の頭。後に強国・元の皇后となる高麗女性。母を死に追いやった者への復讐を胸に、男として生きてきた。高麗王のワン・ユ、強国・元の皇太子タファンと出会い、彼女の運命は大きく動き出していく
▶ワン・ユ役:チュ・ジンモ・・・高麗王。王子の頃は自分を牽制するワン・ゴを欺くため放蕩な生活を送る。スンニャンに出会った後に高麗王に即位するが、タファン暗殺の陰謀に巻き込まれ廃位となる。そこでスンニャンが女性であることを知り、彼女への愛が目覚めていく。
▶タファン役:チ・チャンウク・・・強国・元の皇帝。殺された父のようにならないために自ら腑抜けなフリをしている。流刑で高麗にやってきたところでスンニャンに出会い、恩人となった彼女に友情を感じる。やがて皇帝の座に就くが、彼女への思いは友情から愛情へと変わっていく。
▶タナシルリ役:ペク・ジニ・・・タファンの正室
▶皇太后役:キム・ソヒョン・・・タファンの叔母、元の皇太后、後宮の長


■韓国ドラマの情報はこちらからも
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト