スポンサードリンク

エマージェンシー・カップル【2017年2月27日スタート】毎週月曜更新

<p>【放送年/放送局/放送回数】<br /> 2013年 KBS 全16話</p> <p>【あらすじ】<br /> 放送作家になりたいという夢を抱きながら、大企業のコールセンターで契約社員として働くナ・ミレ(ユン・ウネ)。風変わりな顧客からの電話に悩まされ、パッとしない毎日を送っていたミレの前に、ある日突然、ブランド物で身を固めた中年女性が現れる。彼女はなんと2038年からやってきた“未来のミレ”(チェ・ミョンギル)だった! アナウンサーのキム・シン(イ・ドンゴン)との結婚生活に疲れ、運命を変えるためにやってきた未来のミレは、「このままでは将来、愛する人を失う」とミレに告げ、「いいところにお嫁に行かせてあげる」と、あれこれ指図をし始める。未来のミレの忠告に従い、一度は交通事故を回避したミレ。しかし、シンと出会うという運命は避けられず、ひょんなきっかけで『キム・シンのモーニングショー』のスタッフとしてアルバイトをすることに。放送作家への第一歩を踏み出したミレは、妥協ばかりだった生き方を改めることを決意する。一方、未来のミレは、シンとは距離を置き、財閥御曹司のパク・セジュ(ジョン・ヨンファ)を結婚相手に選ぶべきだとすすめるが、ミレの心は2人の間で揺れ動く…。はたして彼女の選択は――!?</p> <p>【脚本】ホン・ジナ 【演出】クォン・ゲホン、ユ・ジョンソン</p> <p>【キャスト】<br /> ▶ナ・ミレ役:ユン・ウネ・・・32歳。経験は浅いが、キラリと光るセンスを持った放送作家見習い。大手企業のコールセンターで契約社員として働いていたある日、突然目の前に現れた中年女性から「私はあなたよ」と告げられる。半信半疑のまま、未来の自分だという彼女の忠告に従い、一度は交通事故を回避するが、その後シンの車と正面衝突。これがきっかけとなり、YBSのモーニングショー制作チームに入ることに。夢だった放送作家への道をつかみ、これまで妥協ばかりだった生き方を改めることを決意する。同じチームで働くシンとセジュの間で心が揺れ動く。<br /> ▶パク・セジュ役:ジョン・ヨンファ・・・28歳。VJとして『キム・シンのモーニングショー』制作チームで雑用をしている。実はYBSの会長を祖母に持つ財閥3世で、ヨンゴングループの次期会長。自分の正体を隠して下働きをしながら、将来のために放送局内の現状をチェックしている。優しく穏やかに見えるが、企業を成長させようという経営者としての強い意志を心に秘めている。休暇中に済州島で偶然見かけたミレと放送局で再会。同じチームで働くうちに、明るくのびのびとしたミレにますます惹かれていき、彼女をめぐってシンと火花を散らす。<br /> ▶キム・シン役:イ・ドンゴン・・・35歳。『キム・シンのモーニングショー』という冠番組を持つYBSのアナウンサー。もともとはニュース番組のアンカーマンだったが、過剰なプロ意識と融通のきかない性格のせいで、朝の番組に“左遷”されてしまう。品のよい優雅な雰囲気を漂わせているが、実際はかなりの毒舌家で、気むずかしい性格。車の事故で出会った放送作家志望のミレに弱みを握られ、ある取引を持ちかけて自身の番組でアルバイトをさせることに。犬猿の仲だったミレとの間に、仕事を通して深い絆が生まれ、やがて彼女を愛している自分に気づく。<br /> ▶ソ・ユギョン役:ハン・チェア・・・美人で抜群のプロポーションを持ち、仕事ぶりも完璧なYBSのリポーター。売れっ子リポーターとして生き残るため、社内では鼻にかかった甘い声でPDたちに愛嬌を振りまいている。男性陣には人気が高く、女性には疎まれがちな存在。交通事故をきっかけに同僚のアナウンサー、キム・シンと親しくなるが、自分になびかないVJのセジュにも興味シンシン。セジュやシンと親しいミレのことが気に食わず、何かとぶつかり合っている。未来のミレが現代にやってくる前は、財閥御曹司のセジュと結婚する運命だったが…!?<br /> ▶未来のナ・ミレ役:チェ・ミョンギル・・・2038年のミレ、放送作家</p> <p>http://koreandrama.wpblog.jp/marry-him-if-you-dare/</p> <p>■韓国ドラマの情報はこちらからも<br /> <a href="http://blog.with2.net/link.php?1573755:1189" target="_blank" title="韓国ドラマ ブログランキングへ"><img src="http://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1189_1.gif" width="110" height="31" border="0" /></a> <a href="//douga.blogmura.com/douga_koreandrama/ranking.html" target="_blank"><img src="//douga.blogmura.com/douga_koreandrama/img/douga_koreandrama88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ" /></a></p> " data-medium-file="" data-large-file="" src="https://i0.wp.com/koreandrama.wpblog.jp/wp-content/uploads/2017/02/CropperCapture1Thumbnail-7.jpg?resize=660%2C356" alt="エマージェンシー・カップル" width="660" height="356" class="aligncenter size-full wp-image-10291" data-recalc-dims="1" />
離婚した元夫婦が6年後、病院インターンとして同僚に!
元サヤにおさまるのか?それとも更に関係が悪化するのか??
元夫婦が繰り広げるロマンティックラブコメディドラマです。

◆【GYAO!】で視聴する ⇒ エマージェンシー・カップル(毎週月曜に3話ずつ更新されるパターンです)

【放送年/放送局/放送回数】
2014年 tvN 全21話

【あらすじ】
甘い結婚生活を夢見て若くして結婚、そして厳しい現実と性格の不一致からのスピード離婚。別々の道を歩んできた2人が6年後、同じ病院のインターン生として再開したら……? 医師の家系で育ったチャンミン(チェ・ジニョク)と庶民派で正義感の強いジニ(ソン・ジヒョ)が、救急救命室で生死をさまよう多くの命に遭遇しながら、医療の本質、人生の本質に気づいていく愛と感動の医療ラブコメディ。

【脚本】チェ・ユンジョン 【演出】キム・チョルギュ

【キャスト】
▶オ・ジニ役:ソン・ジヒョ・・・健康な精神と肉体は食から始まるという信念のもと栄養士になり、その後25歳の時に勢いで結婚。純粋でよく笑い平和主義者で豊かな感性の持ち主だったが、結婚後は医者一家の家系である夫の家族に侮辱され続け、毒気を含み、笑う時も薄笑いをする人間へと変貌してしまった。離婚後、不屈の精神と闘志で二浪の末に医大に合格するが、死んでも会いたくない元夫と一緒にインターン生活を送ることとなる
▶オ・チャンミン役:チェ・ジニョク・・・結婚を経験するまでは、明るく純粋な青年、洗練された優等生、魅力的な自慢の息子。家柄や学歴、経済力で男を選ぶような女性とは違うジニに惹かれ、家族の反対を押し切り結婚に踏み切る。和やかで幸せな結婚生活を思い描いていたが、可愛かったはずの妻は呪いをかけられた魔女のように恐ろしい姿に変わり果てた。離婚後、母の口添えで復学した医大を卒業、医者としての新たな門出の場所で元妻・ジニと再会する
▶クク・チョンス役:イ・ピルモ・・・医者としての冷徹さを何より重視するため、常に見た目は冷たく無愛想に見える。他人の目など気にしない。否定的なこと、幼稚なこと、原則を無視することは絶対に容認できない人間。幼い頃に両親が離婚し自分の力だけでここまで来た。6年前に愛していたジヘと、6年後に再び応急室で出会うことになる…
▶シム・ジヘ役:チェ・ヨジン・・・クールでプライドが高く見えるが心は温かい女性。医者が天職だと思えるほど聡明で慎重な性格だが大胆な一面もある。一時はチョンスと研修医として過ごし、互いに愛し合っていると信じていた。彼との結婚を夢見て子供も産みたかったがそれは叶わなかった。6年後、再び出会ったチョンスはジヘが愛した姿のまま同じ場所にいた
▶ハン・アルム役:クララ・・・アメリカで医科大学を卒業。華麗な容姿で明るくセクシーで活発。自由奔放な恋愛観と行動のせいで同期の間では時限爆弾のような存在。自分の感情に正直で堂々とした態度が魅力だが向こう見ずでこらえ性がないところが短所。第一印象から好感を抱いていたチャンミンに離婚歴があると知ってからは、気楽で親しい関係になる。元妻が同じインターン同期のジニと知ってから心中穏やかでない

◆エマージェンシー・カップル(응급남녀)第1話



■韓国ドラマの情報はこちらからも
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト