スポンサードリンク

D-Day(디데이)第1話

D-Day
大地震によってパニックに陥ったソウルを舞台に、天才外科医を中心に構成されたDMAT(災害派遣医療チーム)の生死を分ける大活躍や、胸にジーンとくる人間愛を描いた韓国初の災害メディカルドラマです。

【放送年/放送局/放送回数】
2015年 JTBC 全20話

【あらすじ】
イ・ヘソン(キム・ヨングァン)は、患者の命を救うために全力を尽くす医者。しかしそのためにトラブルも多く、上司に逆らって患者を助けたヘソンは、転勤することになってしまう。
ある日、ソウルでシンクホール(突然地面が陥没、地表に大きな穴が開く現象)が起き、数人の死傷者が発生。居合わせたヘソンと釜山(プサン)整形外科の研修医チョン・トルミ(チョン・ソミン)、救急室専門看護師パク・ジナ(ユン・ジュヒ)が力を合わせ、重症患者を救おうとする。しかし、患者を搬送した病院の救急室では外科副教授のウジン(ハ・ソクジン)が受け入れを拒否。トルミとジナは悩んだ末に患者を連れてへソンがいる病院に向かい、手術に成功する。はじめは処置をためらっていたトルミも、患者の命のために勇気を振り絞って治療に挑む。
ソウルではシンクホールが相次いで発生。地質学者はシンクホールが地震の前触れだと提言する。そしてトルミが釜山に戻ろうとしたまさにその時、ソウルを大地震が襲い…。

【脚本】ファン・ウンギョン 【演出】チャン・ヨンウ

【キャスト】
▶イ・ヘソン役:キム・ヨングァン・・・人間味溢れる天才外科医だが医療訴訟に頻繁に巻き込まれる医療界の異端児。医者として責任感と使命感に溢れる人物。ひらめくアイデアと情熱、長けた技術で期待されて然るべき医者だが、韓国でもっとも優れた癌専門病院の鶏肋(あまり重要ではないが、捨てるには惜しいものという意味)のような存在。決まった手術よりも、救急患者を助けることにこだわる一般外科専門医。抜群のルックスと職業のため、浮気者に思われるが、実は恋愛下手で、まともな初恋もなく、仕事以外はアニメのフィギュアを集めたり、極限のスポーツを楽しんだり、カブトムシを友達にして暮らしている男性主人公。
▶チョン・トルミ役:チョン・ソミン・・・DMAT(災害派遣医療チーム)のメンバー。行動力や意思の強い整形外科の医師。どこか抜けているような整形外科の研修医3年目で、行動力と意志の力を信じて生きていく人物。ソウル大震災を偶然目撃し、人生において大きな変化を迎えることになるヒロイン。
▶ハン・ウジン役:ハ・ソクジン・・・ミレ病院一般外科の副教授で、イ・ヘソン(キム・ヨングァン)の先輩。人間味溢れる医者イ・ヘソン(キム・ヨングァン)とは正反対の冷静な原則主義者。特に先端ロボット手術の権威で今後ミレ病院を引っ張っていく人材だと評価される人物で、イ・ヘソン(キム・ヨングァン)と対立。
▶パク・ゴン役:イ・ギョンヨン・・・ミレ病院の病院長。患者より、自分の病院と成功がより重要な人物。
▶ク・ジャヒョク役:チャ・インピョ・・・国会議員。財閥の御曹司で次期財閥総帥として挙げられている人物。
▶アン・デギル役:ソンヨル(INFINITE)・・・ミレ病院の救急室のイケメンインターン。
▶カン・ジュラン役:キム・ヘウン・・・ミレ病院で唯一イ・ヘソン(キム・ヨングァン)を支持する救急室の室長。7歳の息子を一人で育てているワーキングママ。赤字経営の救急室の収益を1位にしようとする女医で、収益を優先する病院と人の命を優先するイ・ヘソン(キム・ヨングァン)の間で葛藤する人物。
▶パク・ジナ役:ユン・ジュヒ・・・普通の研修医よりもずば抜けた実力を持つ救ミレ病院の急室専門看護士。ミレ病院の病院長パク・ゴン(イ・ギョンヨン)の隠された娘。
▶ウン・ソユル役:キム・ジョンファ・・・ミレ病院の精神科医で、イ・ヘソン(キム・ヨングァン)とは大学同期。DMAT(災害派遣医療チーム)のメンバーたちの世話をする精神的な柱のような人物。
▶チェ・イルソプ役:キム・サンホ・・・ヨングァン消防署救助2班の班長。
▶チャ・ギウン役:キム・ギム・・・特殊戦司令部出身の消防士。スター救助要員。家族愛が強い人物。
▶イ・ウソン役:ソン・ジホ・・・海兵隊出身の消防士。イ・ヘソン(キム・ヨングァン)の弟。
▶ ク・ジャヒョク役:チャ・インピョ・・・国会議員。財閥の御曹司で次期財閥総帥として挙げられている人物。ソウル大震災発生後、下心(?)を見せる人物。

※日本語字幕で観る ⇒ D-デイ(D-Day) 第1-1話 D-デイ(D-Day) 第1-2話


■韓国ドラマの情報はこちらからも
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト