スポンサードリンク

千秋太后【2018年3月11日スタート】毎日1話更新

スポンサードサイト



千秋太后
高麗初期、契丹に対抗して三回もの大勝をおさめた時代の女傑千秋太后(チョンチュテフ)を描いた歴史大河ドラマ。千秋太后役のチェ・シラがこの作品でKBS演技大賞最優秀演技賞受賞するなど、2009年年お茶の間を沸かせた最高の話題作です。

◆【GYAO!】で視聴する ⇒ 千秋太后(毎日1話ずつ更新されるパターンです)

【放送年/放送局/放送回数】
2009年 KBS 全78話

【あらすじ】
西暦993年、渤海を滅亡させ勢いづいた契丹が、80万の兵を率いて高麗に攻め入った。領土の割譲を要求した契丹に対し、言いなりになろうとする高麗国王の成宗と、抗戦を望むその妹のファンボ・ス(千秋太后)は、兄妹の絆を越え激しく対立した。兄の意向に背き弓矢を手に立ち上がったファンボ・スは、戦地へ赴き、持ち前の弓さばきで応戦するが、契丹軍の罠にはまり、逃げ場のない断崖絶壁に追い込まれてしまう。捕虜になることを恐れたファンボ・スは、自ら断崖へ駆け出し、崖下の川へ身を投げる。薄れゆく意識の中、14年前に高麗を大帝国にせよと言い残した太祖王建の言葉が胸に蘇っていた。それは、理想のため愛を失っても、大帝国高麗という夢を手放すことが出来なかった英雄、千秋太后の波乱に満ちた物語が始まった瞬間であった…。

【脚本】ソン・ヨンモク、イ・サンミン、カン・ヨンナン 【演出】シン・チャンソク、ファン・インヒョク

【キャスト】
▶千秋太后[チョンチュテフ](ファンボ・ス)役:チェ・シラ・・・高麗の創設者・太祖王建の孫娘で第5代国王・景宗の妃。第6代国王成宗の義理の妹で、第7代国王 穆宗の母親。宿敵・契丹との3次にわたる戦争の先頭に立ち、血族との権力闘争という哀しい運命を背負いながら、高句麗、渤海、新羅を包み込む大帝国高麗の建設を夢見る。
▶キム・チヤン役:キム・ソックン・・・新羅王族の子孫。新羅の復興を夢見る父の政敵に母を暗殺され、父も失ったチヤンは両親と同じ理想をもつ部族の元で育つ。新羅の復興を親を殺された無念を晴らすために、高麗滅亡を企みファンボ・スに近づくが、不覚にも彼女を愛してしまう。
▶カンジョ役:チェ・ジェソン・・・高句麗を引き継いだ渤海の名武将の孫。父もまた定安国の名武将となるが、反乱により殺される。高麗に逃げのびるが、収容所に収容されてしまい、高麗王に会うために暴動を起こす。そこで、まだ幼少のファンボ・スと運命的な出会いをする。千秋宮に武官として入った日から、それが報われない愛と知りながらも、命をかけてファンボ・スを守り続ける。
▶カン・ガムチャン役:イ・ドクファ・・・太祖王建を支えて高名を成した三韓碧山功臣グンジンの息子だが、失策に巻き込まれ家門が没落する。そんな逆境にも屈しない強い心と明哲な判断力で後に高麗を救う名臣となっていく。
▶ワンウク(アンジョン・ウク/キョンジュ院君)役:キム・ホジン・・・太祖の八番目の息子で母親は新羅ギョンスン王の叔父キム・オクリョムの娘であるシンソン王太后金氏。景宗末期に次期王候補にあげられた人物。
▶ホンジョン王后(ファン・ボソル)役:シネ・・・千秋太后と成宗の妹で、後日のホンジョン王后で顯宗の母。景宗の第4妃になるが後にワンウクとの間に顯宗を生む。


■韓国ドラマの情報はこちらからも ↓
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト