ハイスクール:ラブオン一覧

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第20話(最終回)

「ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 - 러브온)第20話(最終回)」2年後、ソンヨルは自分を助けてくれたウヒョンを兄として受け入れ、ウジンたちは家族として4人で暮らしていた。ソンヨルは大学生活を楽しんでいるのだがウヒョンは消えてしまったスルビを待ち続ける日々だった。そんなある日、ウヒョンの前にスルビが現れる。どこからどう見てもスルビなのだが名前も性格も違っていて…

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第19話

「ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 - 러브온)第19話」幸せで平穏な日々が少しずつ戻ってきたが、先輩天使はまだスルビを元の世界へ戻すことを諦めてはいない。ソンヨルはウヒョンとスルビのために家族にも黙って町を離れる決意をするのだった。家を出ていったことに気づいたスルビとウヒョンはソンヨルを止めるために捜し回る。しかしやっと見つけた時にはトラックがソンヨルに迫っていた。

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第18話

「ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 - 러브온)第18話」スルビはケガをしたショックからか寝込んでしまう。くしくもウヒョンは、まったく同じ時間に胸が苦しくなり、倒れ込むのだった。抜け殻のようになったウヒョンを見たギスたちは苦肉の策としてクラスメートにスルビの秘密を打ち明ける。ウヒョンはスルビを守るために皆と力を合わせるが協力が得られた頃にスルビが姿を消してしまう。

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第17話

「ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 - 러브온)第17話」ウヒョンはウジンに出ていけと言われ、元の家へと戻ることになる。先輩天使がスルビのクラスで事件を起こしたため、スルビはクラス中から怪しまれ、危機にさらされていた。ソンヨルはスルビの秘密をネタにウヒョンに圧力をかける。ウヒョンはスルビを守るため、またスルビがいなくなってしまわないようにソンヨルの提案を受け入れるが…

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第16話

「ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 - 러브온)第16話」本で読んだ天使の生態とスルビの行動が酷似してると感じたソンヨルは、スルビが天使であり、またウヒョンもそのことを知ってると確信を持つ。やり場のない気持ちからウヒョンを追い詰めていくソンヨル。そんなソンヨルとウヒョンの葛藤を利用して先輩天使が学校中に2人の会話を放送し、ジヘとウヒョンの関係までも明らかになるのだった。

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第15話

「ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 - 러브온)第15話」ウヒョンが一大決心をしてソンヨルの家に来てからというもの、ジヘとウジンの夫婦もすれ違ってしまい、家族の皆が戸惑いを隠せずにいた。ソンヨルも悪いと分かっていながら、ウヒョンに対して冷たく当たることしかできない。一方、ジェソクのせいでソンヨルとジヘの関係が学校中に広まり、ウヒョンとソンヨルの間の溝も深くなっていく。

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第14話

「ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 - 러브온)第14話」ソンヨルがウヒョンを苦しめるための行動はエスカレートしていく。ウヒョンとスルビの同居生活が学校で問題になり、スルビは苦渋の決断を迫られていた。スルビは“心は離れない”と固く誓い、ウヒョンの家を出ていく。一方、ジヘがウヒョンの実母だということを偶然にも聞いてしまったウジンは、ジヘの前で声を荒らげるのだった。

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第13話

「ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 - 러브온)第13話」祖母のお墓参りへ行きジヘと鉢合わせたウヒョン。自分の母親がソンヨルの継母だと知り、衝撃を受けるがソンヨルを思ってジヘを拒絶し、1人で悲しみに耐えていた。怒りと憎しみの感情が渦巻くソンヨルはウヒョンからすべてを奪うことを決意する。一方、学校ではウヒョンとスルビが同居していることが皆に知れ渡り、騒ぎになっていた…。

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第12話

「ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 - 러브온)第12話」ソンヨルはウヒョンと継母のペンダントの秘密を知ってしまい、やり場のない怒りを覚える。自分が事実を知っていることを隠したまま、継母の夕食にウヒョンとスルビを招待するソンヨル。苦しみ荒れているソンヨルの真意が分からないまま、ウヒョンは1人で胸を痛めるのだった。一方、学校ではウヒョンとスルビ、ソンヨルの三角関係で皆が騒ぎだして…。

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第11話

「ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 - 러브온)第11話」ウヒョンとスルビの“風船ガムキス”を目撃したソンヨル。苦しむソンヨルはウヒョンとスルビが一緒にいるのが不安でたまらず、ウヒョンの家に押しかけるのだった。一方、スルビの行動を怪しいと感じ始めたジェソクたちはスルビを尾行するなどして身辺調査を始める。そんな中ウヒョンはスルビの正体がバレないよう奮闘するのだが…。

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第10話

「ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 - 러브온)第10話」スルビの素性に疑問を持ち始めたウヒョンだが、人間天使が現れたことで、その疑問が確信へと変わる。そしてスルビと離れたくないという思いから1人、スルビを守る決心をするのだった。祖母の死を乗り越え、ウヒョンとスルビの距離が縮まっているのを感じたソンヨルはウヒョンに堂々と“スルビに近づく”と宣言し、三角関係が始まるが…。

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第9話

「ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 - 러브온)第9話」天使に戻る誓約をしたスルビはマルスクの死を独りぼっちで悲しんでいるウヒョンを見て後ろ髪を引かれる思いでいた。マルスクの教えを守り、必死で涙をこらえているウヒョンを見てスルビはある決心をする。悲しみに暮れるウヒョンは友達の慰めも拒絶し、心を閉ざしてしまう。そんな折、音信不通の父親の借金のかたに家を追い出されそうになるが…

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第8話

スルビは自分をかばって罰を受けたウヒョンのために濡れ衣を着せられたまま、クラスのみんなに謝罪をする。そして先輩天使に言われたとおり、天使の世界へ戻る準備を進める。人間界との別れの時が迫る中、マルスクが急逝してしまい、戸惑うスルビ。ウヒョンは祖母を失い、スルビからは記憶が戻ったから帰ると告げられ、独り肩を落とすのだった。

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第7話

泥棒の濡れ衣を着せられたスルビ。ソンヨルとウヒョンはスルビにはアリバイがあると言って、かばい続けるが、ジェソクの暴言に耐えかねて殴り合いのケンカをしてしまう。その件でマルスクとウジンは学校に呼び出されることに。一方、自分のせいで周囲に迷惑をかけてしまったと心を痛めたスルビは、ブラックノートを手に取るのだった。

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第6話

ウヒョンの告白を受け、自分に湧き出てきた初めての感情に戸惑いを隠せないスルビ。先輩天使の尽力で天使に戻る方法を知るものの、ウヒョンの存在を意識して天使に戻ることに迷いを感じてしまう。ウヒョンにフラれたイェナはスルビとウヒョンがいとこ同士でないと知り、スルビに嫌がらせをせずにはいられないのだった。

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第5話

ウヒョンがジェソクに狙われたのは、カンニング事件のことをかばってのことだと気づいたソンヨルはウヒョンと距離を縮めていく。一方ジヘは、ウヒョンとソンヨルが親しくなることを危惧してマルスクにウヒョンの転校を依頼するのだった。スルビはイェナに「ウヒョンが好きなの?」と聞かれ、自分の気持ちが分からず混乱する。

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第4話

ウヒョンは自分がなくしたペンダントを捜し出してくれたスルビに、図らずもときめきを覚えていた。それと同時にいつか別れの時が必ずやってくることを想像して、1人で不安な気持ちになるのだった。一方2年3組では、誰もが思いもよらなかったカンニング事件が発生し、ソンヨルに疑いがかけられてしまう。ウヒョンはソンヨルの濡れ衣を晴らそうとするが…

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第3話

実母からもらったペンダントをなくして落ち込むウヒョン。スルビの前では「贈り主の顔も忘れた物など必要ない」と強がりを言うが、スルビには天使の能力なのか本心ではないことが分かってしまうのだった。マルスクの助言でウヒョンと同じ高校に通い始めたスルビはウヒョンがなくしたペンダントを捜そうと頑張るのだが…

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第2話

ウヒョンに追い出され、“裏切られた気持ち”を実感したスルビは、天使に戻る方法を懸命に考える。一方スルビのせいで騒ぎに巻き込まれたウヒョンは祖母のために転校することを決心するのだった。転入した高校では初日からワルのジェソクの“洗礼式”に巻き込まれてしまうがソンヨルというライバルとの運命的な出会いも待っていた。

ハイスクール:ラブオン(하이스쿨 – 러브온)第1話

この世界には人間の運命を決める神の使いである天使が存在している。だがその姿は人間には見えない…。ウヒョンの町を担当している天使スルビは事故の現場でウヒョンに出会う。そしてその出会いで天使スルビの運命が大きく変わってしまうのだった。その後、図らずもスルビに命を救われたウヒョンは行く当てのないスルビを家に連れてくるが…。

スポンサーリンク
スポンサードサイト