スポンサードリンク

ブレイン【2018年5月22日スタート】毎週火曜更新

スポンサードサイト

ブレイン
冷たいメスに隠された、熱い野望。この上なく傲慢。しかし熱く切ない素顔をあわせ持つ、天才外科医の生き様とは?圧倒的なクオリティを誇るKBS初の正統派メディカルドラマです。

◆【GYAO!】で視聴する ⇒ ブレイン(毎週火曜に2話ずつ配信されるパターンです。)

【放送年/放送局/放送回数】
2011-2012年 KBS 全20話

【あらすじ】
大学病院の神経外科医イ・ガンフン(シン・ハギュン)は、患者より大学病院長の地位を手に入れることしか考えていない、傲慢な男。キム・サンチョル教授(チョン・ジニョン)は患者のことより名誉と権力を追求するガンフンが気にくわない。手術を要する救急患者が運ばれてきたが、手術をするべきだというユン・ジへ(チェ・ジョンウォン)の意見を無視し、VIPルームに入院するチャン会長の病室を尋ねるイ・ガンフン。しかしその間に救急患者の状態が急激に悪化し、キム・サンチョル教授が手術を引き受けることになり・・・。

【脚本】ユン・ギョンア【演出】ユ・ヒョンギ、ソン・ヒョンウク

【キャスト】
▶イ・ガンフン役:シン・ハギュン・・・神経外科専任医師2年目。韓国最高の名門、天下大学医学科を卒業、さらに最高の成績で本校インターンを経た。しかし、病気の人々を助けたいという大きな使命感で医者を選択したわけではない。医者とは、韓国で誰よりも尊敬される職業だから。そしてもうひとつ、危篤の状態で診療拒否され死亡した彼の父親のためだ。人気の科ではない神経外科を選んだのは、現在彼が属する大学病院内で最も昇進しやすい科であったからだ。根気強い努力の末、彼は現在病院内の権力の中心であるコ・ジェハク課長の側近弟子として、もうすぐ最年少助教授としての就任を目前にしている。
▶キム・サンチョル役:チョン・ジニョン・・・神経外科教授。最高の神経外科医であると自負し、専攻学問に対するプライドも高い。神経科と神経外科、脳科学分野を全て熟知した世界的な脳の専門家。弟子達や医療陣には非常に厳しく神経質で、時には見当のつかない変人だと言われるが、患者に対してはとても献身的。研究や手術をする時は、スリッパも脱いだまま裸足で渾身の力を込めて没頭する。
▶ユン・ジヘ役:チェ・ジョンウォン・・・神経外科専門医師3年目。イ・ガンフンとは最初から犬猿の仲だった。他の医科大学出身だから、そして女だからだと見下すイ・ガンフンが嫌で、歯を食いしばって勉強し、事ある毎にイ・ガンフンに対立する。しかし実際はそんなイ・ガンフンに片思い。殴りたいほど憎いイ・ガンフンが好きな自分が気に入らないながらも、彼に対する気持ちをどうすることもできず、一人苦しむ。
▶ソ・ジュンソク役:チョ・ドンヒョク・・・神経外科専任医師2年目。カッコいい容姿にマナーも良く、どこに行っても注目を浴びる。見かけは優しく思慮深い人に見えるが、本当は勝気で欲深く、医大生時代からガンフンといつも対立していた。幼い頃から全ての物を所有しているので、何かを失うことは想像できない。自分より身分の低いと思う人に優しく振舞うが、彼らには決して越えられない限界点があると強く考えている。だからガンフンの野望を不快に思い、さらに好きなジヘが彼に片思いしていることが耐えられず、悔しい。


■韓国ドラマの情報はこちらからも ↓
 にほんブログ村 動画紹介ブログ 韓国ドラマ動画へ

スポンサードリンク
ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト